MENU

2016/08/26 14:38:26 |
一昔前では弁護士とはなかなかにハードルが高い存在で、相談をするだけでも費用がかかったりと話を聞くのも難しかったものです。しかし、今では弁護士の数も増えており、競争となっていることから相談無料とする弁護士事務所も多くなってきています。相談でお金がかからなければ依頼前に詳しい話を聞くことが可能で、どのような相談内容であっても弁護士で対応ができるのか、解決のための依頼が可能かを判断できます。対応ができない事案であったとしても相談でお金がかかれば無駄となってしまいますが、今では無料で話が聞けるので安心です。ただ、どの弁護士でもそうですが具体的な部分に関しては相談時には明かしてくれません。明かしてくれな...
2016/08/26 14:38:26 |
違法な貸付によって暴利を貪る闇金融は、一度でも付き合いを持つと大きな問題に発展してしまう可能性があります。特に支払いができなくなった場合には闇金の取り立ては厳しいものがあり、借りた本人だけでなく家族や会社、ときには近所の方々への嫌がらせによって借金返済を迫る場合もあります。こうなると被害はどんどんと拡大してしまい、もはや自分一人での解決は難しくなります。借金を支払おうにも延滞金として異常なまでの金額を請求されてしまうため、払って闇金問題を解決するのも難しいです。そこで頼ってみたいのが、闇金問題に強い弁護士や司法書士などの専門家です。闇金問題を得意とするところであれば様々なタイプが存在する闇金に...
2016/08/26 14:38:26 |
そこまで多くの借金ではなく、安定的な収入がある方であれば借金で困っても任意整理による解決が可能です。任意整理は今後の支払いの計画を立て直す債権者との話し合いの借金整理方法となり、法的な拘束力は無いものの今後の利息が免除されるなど、返済の負担を大きく軽減することが可能となります。任意整理自体は裁判所を使わないので自己破産のように官報に載るといったことはありませんが、それでも任意整理は合意を得るまでは支払いを一時的にストップさせるため、信用情報機関には長期間の滞納としてのネガティブな情報が記録される可能性があります。異動とされる言わば事故情報で、完済をしてから5年を超えない期間は情報が残るために今...
2016/08/26 14:38:26 |
借金が返せなくなった際に用いる手続きとして有名なのが、自己破産です。簡単に言えば借金をチャラにする裁判所を介す手続きであり、今後の支払いをする必要はなくなりますがいくつかのデメリットが生じるものとなります。収入がなくなってしまって払えなくなった、収入があっても支払いが大きすぎて支払うことが困難であるなどの場合には自己破産を用いますが、あくまで自己破産による借金の整理は最終的な手段と言えます。その前の段階で解決ができそうであれば任意整理による借金解決も可能であり、支払いができる範囲なら自己破産よりも任意整理による解決の方が手軽で進めやすいです。どちらにしても自分で判断をしたり進めたりするのは得策...
2016/08/26 14:38:26 |
内容を問わずに示談とは人生で何度も行うものではないため、いざ示談を進めるとなった際にはなかなかうまくいかないものです。こちら側の要求が通らないことは珍しくなく、面倒になってしまって相手側の言いなりになるような示談で成立をしてしまう方もいるほどです。しかし、これは良い示談とは言えず、失敗をしてしまっているいい例です。示談で失敗をするのは面倒になって適当な内容で決めてしまうことで、それによって得られる慰謝料の金額なども大きく変わることとなります。特に注意をしておきたいのは実害を被る交通事故に関する示談で、交通事故の被害者になってしまった方が保険会社を相手にする示談では、じつに多くのケースで被害者側...