MENU

費用がかかっても安心して任せられる任意整理

そこまで多くの借金ではなく、安定的な収入がある方であれば借金で困っても任意整理による解決が可能です。任意整理は今後の支払いの計画を立て直す債権者との話し合いの借金整理方法となり、法的な拘束力は無いものの今後の利息が免除されるなど、返済の負担を大きく軽減することが可能となります。

 

任意整理自体は裁判所を使わないので自己破産のように官報に載るといったことはありませんが、それでも任意整理は合意を得るまでは支払いを一時的にストップさせるため、信用情報機関には長期間の滞納としてのネガティブな情報が記録される可能性があります。

 

異動とされる言わば事故情報で、完済をしてから5年を超えない期間は情報が残るために今後のローン審査などに大きな悪影響が出てしまいます。だからと言って払えない借金をそのままにしていても同じように事故情報が記録されるだけなので、信用情報機関のデメリットの面では任意整理も借金返済の長期滞納も大きな差はありません。

 

と言うよりは、任意整理によって借金を片付ければ、完済をしてから5年経てば情報は消えます。しかし、返済ができないからと借金をそのままにしていてはいつまで経っても未払いのままで事故情報も消えないので、既に返済が長期に渡ってできなくなっているのであれば、任意整理を行うデメリットは信用情報の上ではないと言えます。

 

ただし任意整理を弁護士などに依頼をするとなると費用が発生する部分がネックとなります。その分だけ債権者との交渉となる任意整理はしっかりと進めてくれますので、自分ではよく分からないといった方は任意整理の解決費用も含めてしっかりと相談をしておくと安心です。