MENU

借金問題の解決で用いる自己破産は気軽には行えない

借金が返せなくなった際に用いる手続きとして有名なのが、自己破産です。簡単に言えば借金をチャラにする裁判所を介す手続きであり、今後の支払いをする必要はなくなりますがいくつかのデメリットが生じるものとなります。

 

収入がなくなってしまって払えなくなった、収入があっても支払いが大きすぎて支払うことが困難であるなどの場合には自己破産を用いますが、あくまで自己破産による借金の整理は最終的な手段と言えます。

 

その前の段階で解決ができそうであれば任意整理による借金解決も可能であり、支払いができる範囲なら自己破産よりも任意整理による解決の方が手軽で進めやすいです。

 

どちらにしても自分で判断をしたり進めたりするのは得策ではなく、自分自身の収入や借金の状況からどうするべきかは専門家である弁護士や司法書士に相談をしておくのが無難です。多くの解決実績を持つ弁護士や司法書士であれば個々の状況に応じた最適な借金整理の方法を提示してくれるので、失敗無く払えない借金の解決が可能となります。

 

一人で判断すると借金が返せない=自己破産と考えてしまい、本来は自己破産をするまでも無い状況であってもデメリットの大きな自己破産を選択してしまう方もいます。それでは今後の人生における影響も大きくなってしまうので、あくまで自己破産は最後の手段と考え、それ以外の借金整理は可能かを相談してみるべきでしょう。