MENU

示談のうまい進め方が分からない場合にはまず相談

内容を問わずに示談とは人生で何度も行うものではないため、いざ示談を進めるとなった際にはなかなかうまくいかないものです。こちら側の要求が通らないことは珍しくなく、面倒になってしまって相手側の言いなりになるような示談で成立をしてしまう方もいるほどです。

 

しかし、これは良い示談とは言えず、失敗をしてしまっているいい例です。示談で失敗をするのは面倒になって適当な内容で決めてしまうことで、それによって得られる慰謝料の金額なども大きく変わることとなります。

 

特に注意をしておきたいのは実害を被る交通事故に関する示談で、交通事故の被害者になってしまった方が保険会社を相手にする示談では、じつに多くのケースで被害者側が損をする内容での示談で成立をしているものです。

 

得られるはずだった慰謝料や治療費が受け取れず、受け取れたとしても本来の金額よりも遥かに小さく少なくなっていることも珍しくありません。やはり示談は正しくしっかりと進めておくべきなので、よく分からない、面倒だと感じるなら相手側の言い分を丸呑みするのではなく、示談に強い弁護士に相談や依頼をしておくと良いです。

 

示談と言っても内容によって様々なので、相談をする際にはその内容に強いかどうか、得意としているかなども調べておくと安心です。上に挙げた交通事故であれば交通事故示談に強い弁護士を選んでおくべきで、事故件数が多い愛知県では愛知県の交通事故示談を進めてくれる弁護士は多くいます。

 

実績なども重視してどの弁護士に相談や依頼を行うかを決めるようにし、損をしない示談で進めてもらうと良いでしょう。